第5回兵庫五国祭

第5回兵庫五国祭
兵庫五国の旬メニューが並ぶ



第5回兵庫五国祭




かじやの里メッセみき(三木市福井)で9、10日の両日県内の物産品グルメ屋台・スイーツを味わえる「兵庫県五国祭」が開かれた。 兵庫県は、摂津・播磨・但馬・丹波・淡路と歴史も風土も異なる個性豊かな五国からできている。 その五つの個性を一度に味わえるグルメを中心としたイベントを開きたいと2017年2月から今回で第5回となる記念開催。
 同施設と道の駅みきを運営する第三セクター「みきやま」でつくる兵庫五国祭実行委員会 会長大西さんに話を伺った「3年前に一度は、この地域で消えたグルメイベントが、皆さんの手によって5回を数え最初は30店舗からの呼びかけでした。 回を重ねるごとに増え、今回は70ブースの出店。県内のゆるキャラや多彩なステージ、プレゼント企画など 見て体験して家族で楽しんでいただけるようみんなで準備を進めてきました。」と大西氏は語る。 但馬の香住ガニ、播磨のかつめし、明石焼き、丹波の篠山牛肉うどん、淡路焼き鳥、神戸牛の肉まんなど 他にも五国の特色を揃えたメニューが並んだ。 冬の彩添える五色の味わいは、かじやの里に美味しい匂いを漂わせていた。(2019.02.10)

第5回兵庫五国祭
日本の伝統芸能猿まわし:中学卒業と同時にこの世界に飛び込んだ大田は、
2015年にハルと『やまとなでしこ』を結成。「ハル」の名付け親は、『精霊の守り人 悲しき破壊神』でご一緒させて頂いた、女優の真木よう子さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です