桜色に染まる日岡山公園で書道教室

王鵞書道会  うららかな春の午後、東播有数の桜スポット日岡山公園(加古川町大野)は、今が満開の見頃を 迎え、大勢の人が詰めかけた。そんな花見客をよそにOAAはりまハイツの一室では、作品展にむけて 王鵞(おうが)書道会による、書道教室が開かれていた。 「一人ひとりが自分を磨き、志操高潔を心に、書への精進に邁進する。 そんな理念の元、会員の絆を深めてます。」と坂口流石師範は話す。 桜咲く桃色の春に、自分の中にある”己書(おのれしょ)”は何色ですか? はね・とめ描く墨は深く濃く。(2019.4.7)

123|4|5|6|7

木澤平通『水彩画展』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です